お知らせ‎ > ‎

【終了】第4回夏の研究会《「劇場、音楽堂等の活性化に関する法律」に基づく「指針」の在り方》

2012/06/14 18:38 に JaSMAM 事務局 が投稿   [ 2012/08/19 23:41 に更新しました ]
※おかげさまで無事に終了いたしました。お忘れ物(扇子)をお預かりしています。お心当たりの方は事務局にご連絡ください。
 
日本音楽芸術マネジメント学会第4回夏の研究会
《「劇場、音楽堂等の活性化に関する法律」に基づく「指針」の在り方》
2012年7月14日(土) 13時より 東京芸術大学音楽学部にて

「劇場、音楽堂等の活性化に関する法律」が今国会(第180国会)で成立しました。本学会では、本年2月に「劇場・音楽堂等の制度的な在り方に関する検討会」による「まとめ」を受けて研究会を開催し、同法についての研究を進めてきたところです。
 
 今回の研究会では、まず、この法律の制定に尽力してこられた音楽議員連盟の簗瀬進事務局長に基調講演をしていただきます。これを受けて、同法に基づき文部科学大臣が定めることになっている「指針」の在り方を中心にパネル・ディスカッションを行います。モデレーターには、川村恒明氏((公財)神奈川芸術文化財団顧問/JaSMAM理事長)を、パネリストには、井上建夫氏((公財)びわ湖ホール理事長・館長)澤恵理子氏((公社)日本演奏連盟常任理事・事務局長)簗瀬氏渡邊健二氏(東京藝術大学副学長/JaSMAM理事)を予定しています。

 日時、会場、プログラム、申込方法等の詳しくは、こちらのページをご覧ください。
Comments