お知らせ‎ > ‎

『三河市民オペラの冒険』

2011/06/16 2:28 に JaSMAM 事務局 が投稿   [ 2011/06/16 3:05 に更新しました ]
JaSMAM正会員の鈴木伊能勢さんが委員長を務められている
三河市民オペラ制作委員会さんが、この度『三河市民オペラの冒険』を上梓されました。
来る7月4日発刊の予定です。

~~以下紹介文より~~
地元経営者が中心となり発足した「三河市民オペラ制作委員会」。
オペラ制作の素人集団がビジネスの能力を十分に発揮する。
「魔笛」の上演で「赤字無し」という目標を達成し地元マスコミらの賞賛の声が上がる。
しかし彼らはさらに高いレベルの芸術性を目標に「カルメン」の上演を決める。
それは専門家たちの眼からは「無謀な選択」であると思われた。

2009 年 5 月。全 2 回公演、2,840 枚のチケットを完売。大成功を収め余剰金も生み出す。
さらに芸術性の高さを認められ、佐川吉男音楽賞・奨励賞、愛知県芸術文化選奨・新人賞、
東愛知新聞社・特別社会賞を受賞した。
それは制作委員会の「参画した人間すべての人が歓びを分かち合い、幸せにる舞台と運営」
とい
う方針が全国に認められた結果でもあった。
オペラ関係者ではない一般の経営者たちがオペラを制作するという事例は
きわめて珍しいケースであり、
緻密に計算され用意周到に取り組んだ制作委員会の活動は、
市民オペラのビジネスモデルを構築する成功事例として注目される。

本書は成功する市民オペラのモデルケースとして最良のテキストであり、
市民芸術活動団体、NPO 団体、オペラファン、舞台制作関係者らに
ぜひ読んでいただきたいドキュメンタリーである。
~~
  • タイトル『三河市民オペラの冒険 カルメンはブラーヴォの嵐』
  • 発行:三河市民オペラ制作委員会(編著)
  • 体裁:単行本(ソフトカバー)
  • 出版社:水曜社
  • 発売日:2011年7月4日
  • 価格:2,310円
~~
赤字を出さず、かつ質の高い市民オペラを達成した舞台裏とのこと。ぜひお買い求め、また多くの関係者の方にご紹介下さい。
Amazonで予約が始まっています(右上の画像をクリックするとAmaon.co.jpの紹介ページが別ウィンドウで開きます)。
また、書店へのご注文も可能です。注文書(PDF)を印刷してお近くの書店へお持ちいただくか、
または発行元の水曜社までFAXしてください。