学会誌第1号

『音楽芸術マネジメント』第1号

A4判並製 184頁 2009年7月17日発行本体3200円+税

ISBN978-4-88065-224-5 C3070

編集 日本音楽芸術マネジメント学会 編集委員会

発売 水曜社

全国の書店、アマゾンbk1などのオンライン書店でご注文いただけます。

お問い合わせは日本音楽芸術マネジメント学会事務局まで。

【目次】

巻頭言

・川村恒明/日本音楽芸術マネジメント学会研究論文集の発刊にあたって

特集 ふたつのシンポジウムから

・上原恵美 /今、劇場は変わるのか――びわ湖ホール08年3月事件を事例に――

・中川俊宏/設立記念シンポジウム「今、劇場は変わるのか」パネル・ディスカッション報告

・大島正博/「いま劇場では何が起きているのか」 ミニ・シンポジウムでの報告と考察

・石田麻子/日本音楽芸術マネジメント学会の展開――ミニ・シンポジウムにおける議論から――

研究論文

・竹本義明/日本音楽芸術マネジメント学会設立の意義 ――音楽大学の役割――

・根木昭/文化政策とアートマネジメントの概念整理、両者の異同と交錯に関する一考察

・石田麻子 /ヨーロッパのオペラ・フェスティヴァルにみる舞台芸術と観光の政策領域の融合

・閔鎭京/札幌市の音楽政策における支援行政の在り方についての一考察

・酒井健太郎、赤木舞 /ギルドホール音楽院《コネクト》の創造的ワークショップについて

・山田真一 /アーツ・マーケティングの可能性 ――ターゲティングによる戦略――

・根木昭/公立文化会館の「公の施設」概念及び住民の利用関係等に関する文化行政法上の性格に関する一考察

・朝倉由希/公共ホール評価のための基本的な視点

・角美弥子/無形の文化財としての芸能の保存・継承に係る保護制度の運用に関する一考察

・沈民珪/韓国無形文化財保護制度の現状分析と今後の在り方 ――民俗芸能(ノリ)を事例として――

研究ノート

・小山文加/学校音楽教育とアウトリーチ活動の関係を考える ――学習指導要領を中心に――

・壬生千恵子 /学校教育へのアウトリーチ活動からみる高等教育機関の役割

・田辺久之/静岡県における戦後期文化行政とオペラ事情

・中村康裕 /家庭用ゲーム機を舞台美術、音響効果用機材として活用するための研究

・宇田川耕一/オーケストラ指揮者のリーダーシップモデル

書評

・日本音楽芸術マネジメント学会編集委員会/上原恵美『次世代への贈りもの 滋賀の文化政策――1970年代から21世紀へ』(サンライズ出版、2008年)

・日本音楽芸術マネジメント学会編集委員会/アンジェラ・マイルズ・ビーチング(著)、箕口一美(訳)『BEYOND TALENT――音楽家を成功に導く12章』(水曜社、2008年)