第6回冬の研究大会

日本音楽芸術マネジメント学会 第6回冬の研究大会

 
 12 月21 日(土)、昭和音楽大学南校舎において第6 回冬の研究大会を開催いたします。今回は会員による「研究報告」(14 本)、「現 場レポート」(7 本)に加えて、「東京オリンピックと音楽芸術―文化プログラムへの期待―」をテーマにシンポジウム(基調講演、報告、パネルディスカッション)を行います。
 2020 年のオリンピックの開催地が東京に決まりました。オリンピックは、スポーツの祭典であると同時に文化の祭典としての側面もあります。つまり、オリンピックは、開催国である我が国の芸術文化が世界に向けて発信され、その水準が国際的な評価に 晒される場であるといえます。そこで、東京オリンピックにおける文化プログラムの中核をなすと考えられる「音楽芸術」の現状 を踏まえ、オリンピック開催の2020 年までに、音楽芸術に関して必要な政策ないしマネジメントの在り方を探るものです。  どうぞ奮ってご参加ください。各発表の詳細については、「第6 回冬の研究大会要旨集」をご覧ください。
 
◆講演会・発表・セッションの要旨集はこちらからどうぞ⇒要旨集(PDF) ※会員には郵送でもお送りしています。
◆参加申し込みはこちらからどうぞ参加申込フォーム
 

プログラム
9:30- 【受付】 南校舎1 階
  会場A(C511 教室)
会場B(A211 教室)
会場C(A212 教室)
会場D(A215 教室)
10:00
|
10:40
1A】現場レポート(10:10から)
閔 鎭京
「PMFを応援する会」における個人寄付者の行動要因調査
【1B】研究報告
稲川 由佳
自治体と芸術団体との協働
-教育現場からの声-

【1C】研究報告
石田 麻子・吉原 潤
日本におけるオペラ上演の環境整備の経緯Ⅰ
~ワーグナー上演史からみた人材、団体の活動、鑑賞機会、会場整備の検証から
【1D】研究報告
赤木 舞
音楽分野の教育プログラムに関する一考察
10:45
|
11:25
【2A】研究報告
石田 麻子・上村 英郷・梶田 美香
日本におけるアートマネジメント教育のカリキュラムとモデル化に関する一考察
【2B】研究報告
友田 尚武
アマチュア文化団体に対する都道府県文化助成金による活動支援の効果と課題
~埼玉県文化振興基金による助成を事例として~
【2C】研究報告
佐藤 良子
地方オーケストラの活動とこれを支える収入構造
―札幌交響楽団と兵庫芸術文化センター管弦楽団を事例として
【2D】研究報告
小井塚 ななえ
演奏家の変容に見るアウトリーチマネジメントの在り方と意義
―コーディネーターと演奏家の関わりに着目して―
11:30
|
12:00
【3A】現場レポート
布目 藍人
劇場等演出空間運用基準協議会の取り組みについて
【3B】現場レポート
竹内 潔
自治体芸術文化政策における音楽芸術振興施策の位置づけに関する考察
―茨城県の事例を通じて―
【3C】現場レポート
川島 佳子
新しい楽器の誕生とその認知プロセス
――カーリン・ハッチンスのピッコロヴァイオリン、アートマネジメントの現場より
【3D】現場レポート
福田 裕美・中坪 功雄
どこまで知ってる?
地域伝統芸能をプロデュースする
12:05
|
12:45
【4A】研究報告
永島 茜
フランスにおける「現在の音楽」政策の位置づけ

昼食 ・・・希望者に弁当をご用意いたします(800円、要事前申込)

12:50
|
13:30
【5A】研究報告
根木 昭
芸術文化政策と文化財政策における選択(支援・保護)主義の原則とこれらを是正ないし補完する枠組みについて
【5B】研究報告
酒井 健太郎・吉原 潤
近代オリンピックと音楽芸術
――文化プログラムと芸術競技
【5C】研究報告
谷本 裕
「エンパワーメント音楽祭」としての大阪クラシック
【5D】研究報告
角 美弥子
無形の文化財としての芸能の保護に資する博物館施設の役割について
13:35
|
14:15
【6A】研究報告
中川 俊宏・上田 順
音楽実演団体と劇場・音楽堂の提携に関する調査報告
【6B】研究報告
吉原 潤・酒井 健太郎
日本開催のオリンピックにおける音楽芸術の役割
【6C】現場レポート(14:05まで)
朝倉 由希・イシカワカズ
アーカイブ資料整理を通じた武生国際音楽祭の意義の検証
【6D】現場レポート(14:05まで)
門脇 幸恵
文化財保護概念の拡大について
14:30
|
17:50
シンポジウム「東京オリンピックと音楽芸術―文化プログラムへの期待―」  会場A(C511教室)
14:30~ [基調講演]オリンピックと文化プログラム
        講 師:青柳 正規  文化庁長官
15:40~ [報告]ロンドンオリンピックの文化プログラムの紹介
        講 師:石田 麻子  JaSMAM理事/昭和音楽大学教授
16:20~ [パネルディスカッション]
      登  壇  者:下八川 共祐 JaSMAM理事/(公財)日本オペラ振興会常務理事
                           関 雅広   東京都生活文化局文化振興部長
                           韮澤 弘志  (公財)新国立劇場運営財団常務理事
                           舟橋 徹   文化庁文化部芸術文化課長
       モデレーター:川村 恒明  JaSMAM理事長/(公財)神奈川芸術文化財団顧問、元文化庁長官
18:00
|
20:00

【懇親会】リストランテ・イル・カンピエッロ(昭和音楽大学南校舎敷地内)


会場アクセス 昭和音楽大学南校舎)

小田急(小田原線、江ノ島線、多摩線) 新百合ヶ丘駅より(全ての急行停車駅) 南口より徒歩4分
交通案内(別ウィンドウで開きます)


参加費(当日受付にて現金支払い)
  正会員、賛助会員 非会員(学生以外) 学生(会員・非会員)
研究大会参加費 1,000円 2,000円 1,000円
懇親会参加費 4,000円 4,000円 2,000円
弁当 800円  *要事前申込
※学会入会のお申し込みは研究会当日も受け付けます。

 

参加申込 (事前申込みにご協力をお願いします)  ⇒ウェブフォーム

資料や懇親会の準備の都合上、事前申し込みにご協力くださるようお願いいたします。
参加申し込みはこちらのフォームからお願い致します。
また、下記の必要事項を明記してFAX、電子メール等でお申し込みいただいても結構です。
必要事項: ①お名前、②ご連絡先(電話番号・メールアドレス)、③参加予定セッション、④弁当・茶(800 円)の要/不要、⑤懇親会の参加/不参加
[事前申込締切:2013年12月9日(月)] 

 
【お問い合わせ】 日本音楽芸術マネジメント学会事務局
 E-mail :jimukyoku[at]jasmam.org ([at]を@に変えてください)
 TEL :044-953-9858
 FAX :044-953-6652
サブページ (1): 事前申込フォーム