日本音楽芸術マネジメント学会 第7回冬の研究大会

 
 12 月7 日(日)、武蔵野音楽大学江古田キャンパスにおいて第7回冬の研究大会を開催いたします。今回は会員による「研究報告」(11本)、「現場レポート」(3本)、パネル・ディスカッション(1本)に加えて、講演会「音楽芸術に対する支援のあり方」を行います。

 我が国の公的助成は、文化庁と独立行政法人日本芸術文化振興会によって担われています。(独)日本芸術文化振興会による文化芸術団体等に対する助成は、プログラムディレクター(PD)及びプログラムオフィサー(PO)制度の導入により、質量ともに格段の充実が図られており、また、文化庁による支援も、劇場・音楽堂法の制定により劇場・音楽堂に対する支援が面目を一新したほか、支援プログラムの一層の多様化が講じられつつあります。
 一方、民間企業にあっては、80年代にコーポレートシチズンシップ(企業市民)の認識を背景としてフィランソロピー(社会貢献)活動が生まれ、90年代に入りメセナ活動(文化芸術支援)に結実するという展開をたどってきました。そして今日では、公益社団法人メセナ協議会の事業をはじめ、企業によるメセナ活動は、資金提供のみならず、施設や人材提供などの非資金協力を含む多様な形態で進められるようになっております。
 このような状況を踏まえ、有松育子・文化庁次長には公的支援について、また尾﨑元規・新国立劇場運営財団理事長/企業メセナ協議会理事長には民間支援について、それぞれご講演いただくとともに、フロアとの討議により、今日の音楽芸術に対する支援の現状と課題を浮き彫りにし、かつ、今後のあり方を探っていくこととします。

 どうぞ奮ってご参加ください。各発表の詳細については「第7回冬の研究大会要旨集」をご覧ください。
 

◆講演会・発表・セッションの要旨集はこちらからどうぞ⇒要旨集(PDF) ※会員には郵送いたします。
◆参加申し込みはこちらからどうぞ参加申込フォーム事前受付は締め切りました。事前申込がお済みでない方は、当日受付にお越しください。
 
プログラム
※プログラムは変更になることがあります。変更は当ウェブサイトでお知らせいたします。

※【5A】パネルディスカッション「2020年東京オリンピック・文化芸術プログラムで望まれる多文化コンテンツとは何か」のパネリストが一部変更になりました。
  詳しくはこちらをご覧ください。(2014/11/20)
※会場Aの場所が 391室(3階)→293室(2階)に変更になりました(より広くなりました)。

10:00
|
【受付】 371室
  会場A(391室)⇒(293室)
会場B(392室)
会場C(393室)
10:30
|
11:10
【1A】研究報告
近藤 宏一
オーケストラにおける関係性マネジメント
―戦後日本のオーケストラの展開を振り返って
【1B】研究報告
梶田 美香
音楽祭による地域活性化の効果
―長久手市文化の家による「おんぱく2014」を通して―
【1C】研究報告
佐々木 美緒
音楽図書館における専門人材の必要性と育成の課題
11:15
|
11:55
【2A】研究報告
上村 英郷・垣内 恵美子
今後の地方オーケストラ運営の方向性の検討 ~群馬交響楽団を事例として
【2B】研究報告
小井塚 ななえ・市川 恵
地域と連携した合唱フェスティバルの可能性と意義
―21 世紀の合唱を考える会 合唱人集団「音楽樹」と「たざわこ芸術村・劇団わらび座」との協働を通して―
【2C】研究報告
根木 昭・石田 麻子・吉原 潤
オペラ情報ウェブデータベースの構築の意義とその概要について
12:00
|
12:30
【3A】現場レポート
佐藤 良子
札幌交響楽団による北海道内地方公演のこれまでと現在
【3B】現場レポート
中坪 功雄
イベントや実演芸術の企画開発から終了までの基本的な流れを考察する

【3C】現場レポート
熊澤 弘
音楽系大学所蔵の「博物館資料」の諸問題
―博物館学講座における利活用の視点から
12:30
|
13:30

昼休憩 ・・・希望者に弁当をご用意いたします(800円、要事前申込)

13:30
|
14:10
【4A】研究報告
袴田 麻祐子
芸術文化の地域間格差をめぐる一考察
―文化的満足度、子どもの体験を手がかりに
【4B】研究報告
竹内 潔
自治体文化芸術政策としての芸術祭に関する一考察
【4C】研究報告
閔 鎭京・福原 崇之
観劇経験の有無による観劇行動の差異に関する研究
14:15
|
14:55
【5A】パネルディスカッション
「2020年東京オリンピック・文化芸術プログラムで望まれる多文化コンテンツとは何か」
パネリスト:
 福田 裕美    東京音楽大学
 門脇 幸恵    (独)日本芸術文化振興会国立能楽堂
萩野 美智子 (一社)日本クラシック音楽事業協会/
           NPO法人ブラームスホール協会
 岡星 竜美    東京富士大学
 吉原 潤       昭和音楽大学オペラ研究所
司会:
 中坪 功雄 (公社)全日本郷土芸能協会
【5B】研究報告
中川 俊宏・上田 順
演劇実演団体と劇場の提携に関する調査報告
15:00
|
15:40
【6B】研究報告
根木 昭
文化政策の二元構造とその基礎となる「文化」概念の再構成について
16:00
|
18:00
講演会「音楽芸術に対する支援のあり方」(会場:490室)
講演 有松 育子 文化庁次長
    尾﨑 元規 (公財)新国立劇場運営財団理事長/(公社)企業メセナ協議会理事長

司会 池田 温 武蔵野音楽大学教授・演奏部長
18:00
|
20:00

【懇親会】学生食堂

※プログラムは変更になることがあります。変更は当ウェブサイトでお知らせいたします。

※【5A】パネルディスカッション「2020年東京オリンピック・文化芸術プログラムで望まれる多文化コンテンツとは何か」のパネリストが一部変更になりました。
  詳しくはこちらをご覧ください。(2014/11/20)

会場アクセス・武蔵野音楽大学江古田キャンパス

西武池袋線江古田駅下車 北口より徒歩5分
西武有楽町線新桜台駅下車 4番出口より徒歩5分
東京メトロ有楽町線/副都心線小竹向原駅下車 2番出口より徒歩11分
交通案内(別ウィンドウで開きます)


参加費(当日受付にて現金でお納めください)
  正会員、賛助会員 非会員(学生以外) 学生(会員・非会員)
研究大会参加費 1,000円 2,000円 1,000円
懇親会参加費 3,000円 3,000円 2,000円
弁当 800円  *要事前申込
※学会入会のお申し込みは研究会当日も受け付けます。当日より参加費が会員価格となります。

参加申込(事前申込みにご協力ください)⇒ウェブフォーム前受付は締め切りました。事前申込がお済みでない方は、当日受付にお越しください。

資料や懇親会の準備の都合上、事前申し込みにご協力くださるようお願いいたします。
また、下記の必要事項を明記してFAX、電子メール等でお申し込みいただいても結構です。
必要事項: ①お名前、②ご連絡先(電話番号・メールアドレス)、③参加予定セッション、④弁当・茶(800 円)の要/不要、⑤懇親会の参加/不参加
[事前申込締切:2014年11月21日(金)(必着)] 

【お問い合わせ】 日本音楽芸術マネジメント学会事務局
 E-mail :jimukyoku[at]jasmam.org ([at]を@に変えてください)
 TEL :044-953-9858
 FAX :044-953-6652
サブページ (1): 申込フォーム