学会誌第11号

『音楽芸術マネジメント』第11号

学会誌第11号
 A4判並製 112頁
 2019年12月13日発行

 本体3,200円+税
 ISBN978-4880654805

 編集 日本音楽芸術マネジメント学会編集委員会 / 発売 水曜社

Amazon.co.jp、hontoネットストア、紀伊国屋書店BookWeb、他でお買い求めいただけます


目 次

巻頭言

『音楽芸術マネジメント』第11号の発刊にあたって/中村孝義

記録
   ・日本音楽芸術マネジメント学会第10回夏の研究会・第11回冬の研究大会・特別研究会の概要


研究論文

   ・近代における東京音楽学校と能楽能楽科目設置に対する能楽界の反応と意図を中心に/細谷由希

研究ノート
・地域と連携した音楽アウトリーチの可能性—のざわこども園における参加型オペラの取り組みから/市川恵・石川眞佐江・加藤富美子・小佐川心子・伊原小百合今川恭子
・地域における児童合唱団の役割行政支援に着目して―/船越理恵・市川恵・萩原史織
・日本におけるガムランの楽器を所蔵する施設とその活動の現状/増田久未
・「バーンスタインの遺志」を探る―北独シュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭―/谷本裕


現場レポート
 

・公開録音コンサートの成果と課題/(一社)全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)/文責:實方康介
・音楽学者とコンサートホール―27年間の協働―/森岡めぐみ
・クラシック・コンサートにおける民間主催者の活動―葉山室内楽鑑賞会の歩みと現状を中心に/平井滿
紹介


Comments