第9回冬の研究大会

日本音楽芸術マネジメント学会 第9回冬の研究大会
  • 日時:2016年12月18日(日)10:00-
  • 会場:昭和音楽大学南校舎(神奈川県川崎市麻生区上麻生1-11-1
 12 月18 日(日)、昭和音楽大学南校舎において第9 回冬の研究大会を開催いたします。今回は会員による「研究報告」(20 本)、「現場レポート」(2 本)に加えて、講演会「劇場、音楽堂等を巡る状況と今後の政策展望」を行います。

 平成24 年に「劇場、音楽堂等の活性化に関する法律」が施行されてから、国による様々な施策が展開されています。地域活性化・ 社会包摂といった社会的課題に劇場、音楽堂が一層積極的に役割を果たすことが求められるようになったほか、従来型の指定管理者制度との関係を考慮しつつ、公共施設等運営権制度の活用を促すことによる文化施設の管理手法転換の検討がなされるなど、劇場、音楽堂等を取り巻く状況は大きな転換点を迎えています。その検討の現状と今後の方向性を、文化庁長官官房付の田村寿浩氏よりご講演をいただきながら展望し、皆様と一緒に共有する機会としたいと考えます。

 どうぞ奮ってご参加ください。

◆シンポジウム・発表要旨集はこちら⇒要旨集 ※会員には郵送でもお送りしています。
◆参加申し込みはこちらからどうぞ [事前申込受付中(弁当を除く)]
参加費等についてはページ下部をご覧ください。

9:30
|

【受付】昭和音楽大学南校舎2階 ←変更しました

  会場A
(A211教室)
会場
(A212教室)
会場C
(A215教室)
10:00
|
10:40

【1A】研究報告
赤木 舞
実演芸術団体による劇場・音楽堂等の運営に関する一考察
―日本センチュリー交響楽団の事例を中心に
【1B】研究報告
小井塚 ななえ・市川 恵
地域と連携した合唱フェスティバルの可能性と意義(2)
―「あきた芸術村・劇団わらび座」主催の「東北六県合唱祭」を事例として
【1C】研究報告
酒井 健太郎・吉原 潤
日本近現代音楽史研究におけるデジタル・アーカイヴの活用事例と課題

―昭和音楽大学オペラ研究所「オペラ情報センター」を中心に
10:45
|
11:25
【2A】研究報告
田島 隼人
世界・国内主要劇場のソーシャルメディア運用状況と今後の展望
【2B】研究報告
増田 久未
未来に向けたガムラン活用法の提案
―各団体の活動状況と諸問題をもとに
【2C】研究報告
佐々木 美緒
大学図書館における専門人材育成の可能性
―芸術系大学図書館の事例をもとに
11:30 |
12:10
【3A】 研究報告
佐藤 良子
文化政策における文化の普及に関する一考察
―巡回公演型の施策を中心に
【3B】現場レポート
角 美弥子
北海道内における無形の文化財の文化財指定状況について
(12:00 まで)
【3C】現場レポート
熊澤 弘
音楽大学における学芸員資格教育の諸問題
―武蔵野音楽大学の事例を中心に
(12:00 まで)
12:10
|
13:10

昼休憩 ・・・希望者に弁当をご用意いたします(800円、要事前申込)

【4C】研究報告
竹内 潔
地方創生戦略における自治体文化政策の位置づけに関する研究

(12:15〜12:55)
13:10
|
13:50
【5A】研究報告
近藤 宏一・長内 優美子
中華圏におけるオーケストラの展開
【5B】研究報告
小山 久美・平野 綾那
ボストンバレエ団『アダプティブ・ダンス・プログラム(Adaptive Dance Program)』に関する考察
【5C】研究報告
細谷 由希
明治期の能楽保護・振興施策の分析

―文化政策ならびにアートマネジメントの観点から
13:55
|
14:35
【6A】研究報告
谷本 裕
膨らむ社会包摂事業
―教育音楽祭PMF の変化に関する考察
【6B】研究報告
武井 涼子
アメリカにおけるヤング・アーティスト・プログラムの比較
【6C】研究報告
酒井 健太郎
昭和初期の対外文化政策としての国際交換放送

―音楽・芸能分野を中心に
14:40
|
15:20
【7A】研究報告
中川 俊宏・上田 順
劇場・音楽堂と芸術団体の提携に関する論点の整理
【7B】研究報告
閔 鎭京・石田 麻子
韓国の国立オペラ団の歴史及び現状
【7C】研究報告
大久保 真利子
国際文化振興会が制作した『日本音楽集』に関する検討
15:25
|
16:05
【8A】研究報告
石田 麻子
舞台芸術政策研究と舞台芸術マネジメント研究の総合化に向けて
【8B】研究報告
小山 久美・海野 敏
日本のバレエ教育環境の実態分析

―『バレエ教育に関する全国調査』基本報告
【8C】研究報告
吉原 潤
戦後から1960 年代にかけての日本における音楽鑑賞組織についての一考察

―『音楽年鑑』による調査を中心に
  会場D
(C511教室)
16:15
|
17:45

講演会「劇場、音楽堂等を巡る状況と今後の政策展望」
講演:田村 寿浩 文化庁長官官房付(文化活動振興担当)       *敬称略

18:00
|
19:30

【懇親会】昭和音楽大学南校舎敷地内リストランテ[イル・カンピエッロ]

会場アクセス・昭和音楽大学南校舎

小田急(小田原線、江ノ島線、多摩線) 新百合ヶ丘駅(全ての急行停車駅) 徒歩4分

昭和音楽大学 南校舎


参加費(当日受付にて現金でお納めください)
  正会員、賛助会員 非会員(学生以外) 学生(会員・非会員)
研究大会参加費 2,000円 3,000円 1,000円
懇親会参加費 4,000円 4,000円 3,000円
弁当 800円  *要事前申込 →申し込みは締め切りました
※学会入会のお申し込みは研究会当日も受け付けます。当日より参加費が会員価格となります。

参加申込(事前申込みにご協力ください)⇒申込フォーム

資料や懇親会の準備の都合上、事前申し込みにご協力ください。
また、下記の必要事項を明記してFAX、電子メール等でお申し込みいただいても結構です。
必要事項: ①お名前、②ご連絡先(電話番号・メールアドレス)、③参加予定セッション、④弁当・茶(800 円)の要/不要、⑤懇親会の参加/不参加
[事前申込受付中(弁当を除く)]

【お申し込み・お問い合わせ】 日本音楽芸術マネジメント学会事務局
 E-mail :jimukyoku[at]jasmam.org ([at]を@に変えてください)
 TEL :044-953-9858
 FAX :044-953-6652
サブページ (1): 事前申込フォーム
Ċ
JaSMAM 事務局,
2016/11/16 20:28
Comments